Nash的無責任日記
サバゲーにはまってしまった中年おやじの無責任な日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
A&K復活かな?
ちょこちょこ買っていた香港のお店からメールがきました。
「A&Kの製品が色々入るからかってね!」みたいな感じのメッセージです。
久しく出なかった「M249ミニミ」や「M60VN」など以前なら速効で「ポチッ」てますね。
ただし、全体的に以前よりも10~15%ほど値上げしています。
それでも今は異常な『円高』なので同じくらいになるかな?

香港なんかでも「がめつい」お店は余計に乗っけたりしてきます。
商品は順調に流れ始めると安くなるんで「もう少し」待ちですね。



スポンサーサイト
TOP
国内(TOP)メーカー頑張れ!
いやぁ~、『TOP』が頑張ってますねぇ~!
title-s.jpg 詳細はこちら。
『TOP』と言えば以前「89式」用GBBメカBOXの開発中止やミニミ&M60のGBB化をエスコートに
○投げで高価になってしまったりと期待を裏切られてきましたが・・・。

今回のモデルは年末発売予定とか・・・、定価も5万弱・・・と是非実現してもらいたいですねぇ~!
オイラは今『御座敷』派なんで空カートをばら撒きながら撃ってみたいです!

カートレス仕様にすれば従来のマガジンも使えるとの事なので「サバゲー」派のリアル追及派
の方にも良いんじゃないですか?

最近では『東京マルイ』も次世代のバリエーションや既存モデルのハイサイ化などと魅力のない
新製品ばかりで購買意欲を掻き立ててくれるものが『中華』ばかりでしたが、まさかの『TOP』
がやってくれるとは!

予定通り発売される事を祈ります・・・。





TOP
MASADA ACR
『MASADA』と言えば「A&K」が勝手に発売して怒って自社で電動ガンを販売する
と言っておきながら、なかなか発売できずに「A&K」と正規ライセンス契約しちゃったり
「A&K」が政治がらみで操業が不安定になって版権を「G&P」にゆだねようとしたりと
波乱万丈な1丁でした。

最近では人気があるのか無いのか解かりませんが・・・・
やっと本家「MAGPUL」さんから発売のようですね。

海外のSHOPから「予約開始するけどいらんかね?」のメールが来ました。
ACR-1.jpgACR-2.jpgACR-3.jpg

ぱっと見ではストックの形状が「A&K」とはちがいますねぇ~。
オイラ的には最近の「プラプラ」してる鉄砲に興味がないのでビミョ~です。

実際に「サバゲー」での使用を考えれば「メタル」な実銃の「プラ」版よりも
実銃も「樹脂フレ」の電動ガンなら「プラフレ」でも正解だし軽いのはうれしいでしょう。
きっとゲームメインで考えれば『あり』な機種でしょう。
でも現在「ゲーム自粛」中なので購買欲につながりません。

ガスブロ『M14』を逝っちゃおうか悩み中・・・。
なんだか今年は「GAS」ブローバックが熱そうです!






TOP
骨董品?
自宅の「サバゲー用品」を整理していたら懐かしい物が出てきました。
SANY0228.jpg
何年?何十年前の製品でしょう?
発売当時に「マイアミ バイス」に嵌まっていた事もあり3丁ほど購入した覚えがあります。
今回発見したものはその中の2丁です。
SANY0230.jpg SANY0231.jpg
MGCも「マイアミ バイス」を意識して取説にもこんなイラストが・・・。
SANY0229.jpg
当時、このステンモデルの仕上げを観て惚れこみました!
SANY0232.jpg
もしこのモデルがガスブローバックで発売されたらきっと即買いしてしまうくらいの
美しさですね。
もう1丁はWOODグリップ仕様にした
SANY0234.jpg SANY0235.jpg
こんなモデルです。
マガジンも4本ほど見つけましたがほとんどガス漏れで使えません。
革製の専用ショルダーホルスターも見つけたので装着しましたが・・・。
『ソニー』と言うよりも『スワイテク』状態・・・。(解かる人いるかな?)

おかげで『青春にひと時』を思い出した1日でした。




TOP
攻殻機動隊 雷鎚!解剖!
攻殻機動隊 0六式短中距離制圧火器 雷鎚
攻殻機動隊は映画版は全部見ましたがTV版は観た事ないので
出てくる武器(火器)類については知識はありませんでした。

昔、この鉄砲を観た(海外の販売サイトで)ときは
「ありえねぇ~」「サバゲーに使えねぇ~よ!」「痛銃?」
位の感覚でしたが何故かフォルムが頭から消えていかない・・・。
逆にどんどん興味が出てきて・・・その頃には市場から消えていました。

好感をもつと不思議なもので「後方支援火器」に対して「短中距離制圧火器」
とか強そうでいいんじゃない~みたいな。

どんだけの方が興味があるかわかりませんが解剖していきます。

P1010782.jpg P1010780.jpg
まずは外装を剥いてみました。
ご覧のようにM4にモナカの外装を被せてあるだけですが、案外外すのに苦労しました。
とめてあるビス類は少ないですがモナカのつなぎピンや合わせがなかなかしっかり
していて傷つけないように分割するのは気をつかいました。
P1010783.jpg
グリップは「SPRタイプ」グリップをラバーコートしただけですが良い感じです。
エンドキャップはマルイタイプですね。
ここは通常の中華に使われてる「ヒートシンク型」だと嬉しかったのに。
モーターは「JG SUPER HIGHT POWER」モーターで回転の遅い無駄にトルクの
あるモーターです。(当然サイクルは11~12発位しか出ない)
P1010785.jpg P1010786.jpg
M4の分解に入ります。
オイラはいままで「マルイ製M4」を使った事がないので断定はできませんが
きっと「マルイのプラフレもこんなんでしょう」的にそっくりです。

チャンバーは上下分割(テイクダウン用?)のHOP調整付きです。
M4系はメタフレしか知らないのでテイクダウンに苦労しました。
P1010787.jpg
中身は見慣れた中華Ver.2メカボです。
JG製のメカボはビスがすべて「T9」のトルクスです。
写真はここまでしかありません。
JG製のメカボはあまり好きではありません。
悪くはないんですが・・・。
軸受は6mmのメタル軸受
後方吸気ヘッドのベアリング付きピストン。
スラストベアリング付きべベルギア。(当然ギアはすべてスチールの強化仕様)
スプリングガイドはベアリングなし。
メカボも肉盛りなしのタイプ。

内容は悪くないんですがオイラとは相性が悪いのかトリガーや逆転防止ラッチが
すぐはずれちゃうんですよ・・・。

オイラは「Dboy」のメカボが好きですね。(とっても組みやすいから)

とりあえずメカボの洗浄からはじめてシム調整、ピストンのラックギア加工に
タペットプレート修正加工と御約束の事を施します。

スプリングは「中国製M90」に交換です。
本当は購入時に全部やってくれるんですが「自分でやりたいから交換用の部品ちょうだい」と
わがままを言って買ってきます。(信用してない訳ではないですよ)

せっかくメカボ弄りを覚えたので自分でやってみたいだけですけどね。
今回はカスタムなしで組み上げました。
HOPパッキンはマルイ純正に交換しました。(中華製はゴワゴワの堅い物がおおいので)

さぁ、組み上げですがインナーバレルがアウターバレルの中でガタガタします。
ここは大事な所なんでしっかり調整しました。

組み上げが終わって「初速チェッ~ク」です。
ノンHOPで95~96m/sで安定しています。
サイクルは秒12発です。

外観の関係で付属のマガジンが190連なのですが、やはり330連とかにするとかっこ悪い
から190連がいいかな。

そんな訳でサイクルはこのままでもいいかなって思います。
我慢できなければモーター交換すれば秒18発位になるし、バッテリーはリポ使うから
すぐに秒20発位になっちゃうでしょう。

JG製と(オイラの)相性が悪いのはべベルかピニオンが悪いのかすこし「キュッ」て感じの
音が出ます。
しかし試しに「NOVESKE」ハイダーをつけてみたらインナーが短いので「パンッパンッ」って
良い音がしますのでメカボの音なんか気になりません。

あまりにもマイナーな鉄砲なんで何人が最後まで読んでくれるかな?





TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。