Nash的無責任日記
サバゲーにはまってしまった中年おやじの無責任な日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
攻殻機動隊 雷鎚!
面白い武器をGET!
販売開始はかなり(2年位)前の製品ですが、最近すっかり見かけなくなった
P1010773.jpg P1010774.jpg
攻殻機動隊に出てくる『中短距離制圧火器』の『雷鎚IKAZTCHI』らしいです。
最初、写真で見た時は「ありえねぇ~」位に思ってましたが実物を見たら
案外しっかり造られていて気に行っちゃいました。
外観は
P1010775.jpg P1010776.jpg
な感じでうまくM4をベースに造り込まれています。
ストックも伸縮するんですがオイラ的には縮めてある方がカッコいいかな。

バッテリーは
P1010778.jpg P1010779.jpg
こんな所に収納できちゃいます!(スペース的に8.4Vのニッ水ミニぴったり。)
外観を崩さずに良く考えられています。
元々は『大日本技研』からガレージキットで販売されていた物のコピーの
ようですが、さすが中華はコンプリートで出してきました。

中身はプラフレM4(マルイコピー)にモナカの外装を被せただけですが
びっくりな位カッチリしていてギシギシ・ガタガタしないんです。
(オイラのG3 SG-1よりも剛性がある・・・・。)
以前ならもっと安く入手出来たでしょうが、最近は中華製品の流通量が少ない
せいか海外での価格も上がっているようですね。
それでも元のガレージキット位(それも絶版)の値段でM4付きのコンプリートなら
いいとしときますね。

次回は解剖検証です。




TOP
ΦノズルM14
先週からまた寒くなってきましたね。
少し暖かくなってきて喜んでいたのに戻っちゃいました。

日曜日には遠征の予定でしたが、雨で中止になるし・・・。

本題です。
パカ山先生のブログ観ました?
ΦノズルM14が再販予定だそうです。
今日は他の用件でパカ山先生に会ったんですが「数量限定」で
再販するとの事です。

なんでも「M14用」は「M4」や「AK」に比べて加工コストや手間が
数倍かかり継続販売を断念したそうですが。
でも、各方面から再販の要望が多いらしく今回「数量限定」では
ありますが準備しているとの事です。

近々「pakayama craft HP」で予約がはじまるそうですからお楽しみに!
オイラも「M14」には入れたのですが「クルツ」と「MINIMI」に入れ
たいと思っていたので出来上がるのが楽しみです。

TOP
MAGPUL風M4?
なんとなく御色直ししてみました。
MAGPULと言うとなんとなく「Eotech」?みたいなイメージで
交換してみました。
元々のAimpointコンビからEotechコンビに変身!
だいぶ前にEotechタイプのマグニファイヤーは購入してあったのですが
なかなか「グッ」とくるバチホロが無かった為、いつもの放置状態でした
がGoodSpeedさんの所に手ごろな「XPS」があったので購入しました。
P1010657.jpg P1010658.jpg
貧乏なので「バチホロ」しか買えませんが、こいつはロゴとか使って
大丈夫?なくらい見た目が良いので決めました。
早速着けてみると
P1010660.jpg⇒⇒P1010662.jpg
な感じになりました。
かっこいいのか悪いのか良く解かりませんが、とりあえず流行物と
言う事でやっちゃいました。

面白いのがマグニファイヤーは覗くと四角(□)に見えるんですよ。

次は何を弄ろうかな?

TOP
M4君、再生!
暇つぶしにお色直しです。
もう2年位前に買った「Dboy M4CQBR」が今日のクランケ(患者)です。

以前は良く使っていたんですが、ちょっと前の中華なので少し重くて
使わなくなってきてました。
そんな所に「SOPMOD君」に使おうかと思っていた「MAGPUL MOE」があまって
いたので軽量化の為に外装交換することにしました。

この子はメカボもシム調整とグリスUPだけで1年使いその後出番がなくなって
しまったので、ついでに内部も弄っちゃいます。
P1010648.jpg
今回のスペシャルパーツはこんな感じです。
メカボはDboyの強化タイプなので軸受を7mmメタルに交換だけでいけそうです。
スプリング:PDI 120%
シリンダー:ノーマルM4用改加速シリンダー
シリンダーヘッド:アルミヘッド改Φ3.6mm絞り加工
ピストン:ELEMENT ライトウェイトピストン
ピストンヘッド:ELEMENT ライトウェイト(ベアリング付き)
ノズル:パカ山クラフトΦノズル

こんな内容でシム調整からグリスを塗りなおして組立です。
本当はピストンを軽くしてスプリングガイドにベアリング付きを使いたかったのですが
手持ちが切れていたのでそのまま使いました。

インナーバレルを取り合えず180mmでテストしたら初速出過ぎだよ~!
150mmでは90前後・・・・・。
と、言う事でノーマルインナーを245mmから165mmにカット!
初速は・・・マズイ・・・ギリです・・・再度カット・・・。
切り難いので結局155mmにしちゃいました。

テスト用バレルと内径が違うのか初速は89~90位です。
HOPをかけていってMAXで初速が93m/sなんで結果オーライです。
P1010652.jpg
こんな感じに出来上がりました!
今日は暫定仕様ということでここまでにしました。
次回、ゲームに投入して使えるようならFETを入れたりもう少し詰めて
行きたいと思います。



TOP
流速チューン?に魅せられて。
流速チューン・・・・。
難しいカスタムです。
難しいと言うよりもめんどくさいチューンです。

いつもお世話になっている「パカ山」先生がかなり研究?してるので
色々教えてもらいながらチャレンジしています。

そんな訳で「面倒な事」は大嫌いなオイラは「秘密兵器」を用意しました。
御存知のように「流速チューン」に「レシピ」は無いようなものです。
そこでこんな物を用意してみました。
P1010585.jpg
流速カスタムと言えば「ショートインナーバレル」ですね。
テスト用に150mm・180mm・200mm・220mmを用意しました。(写真は3本しかないけど。)

次に面倒なシリンダーヘッド
P1010588.jpg P1010590.jpg
どのくらい絞るとバランスが良くなるか試すのに、良く使うサイズの
φ3.4・φ3.6・φ3.8の3種類です。
これらはご近所の「GoodSpeed」さんで加工してもらいました。

そしてシリンダー
P1010593.jpg
シリンダーはKM企画さんの「ワープ」でも十分ですが、もう一歩詰めたい時用
にノーマルシリンダー改の半端なサイズも作って貰いました。

流速カスタムに「レシピ」が無いと書きましたが、同じような仕様でも出来上がりが
違ってくるのが「流速カスタム」みたいです。

作りたい銃にこれらのパーツで大まかな様子をみてから仕上げて行こうかと。
後、これにスプリングもSYSTEMA M100とPDI 120%・130%など組み合わせていきます。

カスタム内容については「パカ山」先生のブログに詳しく記載されてますので参考に
なりますよ!


TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。